お尻ブツブツ

お尻のブツブツを予防してスベスベに

お尻にブツブツができてしまうと、ちょっと周囲の友人や知人に相談しにくいものです。見えない部分であるため、それほど気にしなくていいと放置してしまうと、炎症などが悪化してしまい、お尻の肌が荒れてしまいます。
お尻にブツブツができてしまう原因としては、皮脂の分泌量が多くなり毛穴を詰まらせてしまう場合や、ボディーソープなどが肌に合わない場合です。
皮脂の分泌量が多いことで、毛穴を詰まらせる原因になります。そのためニキビなどの炎症を起こしやすくなりブツブツができる場合があります。また、ボディーソープは本来、汚れなどを落とし肌をきれいな状態にするために使用しますが、自分の肌にあわないと、これが肌荒れの原因になることもあります。
肌の状態をきれいにスベスベの状態を保つためには、このような原因となるものを改善する必要があります。
皮脂の分泌量が増えるのは、ホルモンバランスの乱れによる影響や食生活の偏りが考えられます。健康的で規則正しい生活習慣を守り、また、食事では間食や脂分の多い食事を控えるようにして、バランスのよい食生活を心がけましょう。
スベスベな肌を保つためには、ボディソープが肌に合うかどうかチェックして肌に合わない場合には、今使っているボディソープよりも刺激の少ないものに切り替えるようにしましょう。肌質に合うものを使うことで、肌荒れや肌の乾燥を防ぐことにもなりますので、お尻のブツブツを解消しスベスベな肌にするためにも改善していきましょう。