お尻ブツブツ

お尻にブツブツができた時の対処法

肌をきれいにしたいと肌ケアをしている方もいるでしょう。ですが、周囲からみえない部位に関してはあまり肌ケアをしていないことで、肌荒れや肌にニキビなどのブツブツができてしまうことがあります。お尻もその一つです。汗をかいたりすることで、肌に雑菌が繁殖しやすい場合があり、お尻も汗をかきやすい傾向があります。また、皮脂の分泌などもあるため、毛穴が詰まりやすく、肌ケアを怠ると、お尻にもニキビや炎症がおきてしまい、肌がブツブツの状態になることもあります。
お尻にブツブツができてしまった場合の対処法としては、ブツブツを刺激しないようにすることが大切です。炎症などを起こしている場合には、刺激してしまうと、症状が悪化してしまい、さらに肌が荒れてしまうことがあるためです。ですが、お尻の場合には、下着や服などですれてしまいそれが刺激となるため、できるだけ刺激にならないように注意しながら行動をすることも大切です。その他にも、いすなどに座る時も、できるだけブツブツがいすに触れないようにするなど対処しましょう。
早く治すためには、肌を清潔に保つことも大切なので、お風呂では、汗や汚れなどをきれいに洗い流しましょう。また、肌のターンオーバーを促進することも回復を早めてくれます。対処法として生活習慣が乱れていたり、食生活で偏りのある食事をしている場合には、改善して規則正しい健康的な生活習慣、栄養バランスのとれた食生活を心がけていきましょう。